相続税の申告における必要書類とは?税理士に依頼したほうがいい! | 相続税対策に税理士顧問って必要?

HOME » 税理士顧問 » 相続税の申告における必要書類とは?税理士に依頼したほうがいい!

相続税の申告における必要書類とは?税理士に依頼したほうがいい!

相続税の申告は税理士に依頼すれば、必要な書類を代わりに作成して申告してくれます。
相続税の申告ではいろんな必要書類を集める必要があります。
時間があるという人は自分で必要書類を集めることも出来そうですが、仕事や家事などで必要書類を集める時間を作れないという場合は税理士に依頼をして申告を行ってもらったほうがいいでしょう。
そこで、相続税の申告による必要書類についてまとめてみました。

・相続の申告における必要書類は?
相続の申告における必要書類はたくさんあり、一つでも抜け落ちてしまうと申告書が作成できなくなったり、申告が出来なくなる可能性もあるので注意しましょう。
まず、相続税の申告をするときの必要書類は、土地や株、現金などの財産の有無にかかわらず、被相続人の身分を証明できる書類と相続人全員の身分を証明する書類が必要になります。
また、土地を相続する人の場合は登記簿謄本や住宅地図、名寄帳なども必要になります。
建物を相続するときは登記簿謄本や固定資産税評価証明書、売買契約書や間取り図などの書類も必要になるので1つ1つ抜け落ちがないように書類を収集しましょう。

・株式や現金などの必要書類については?
さらに、被相続人から上場株式を相続する場合は、証券会社の預り証明書や登録証明書、配当金の支払通知書や被相続人の直近5年間の取引明細などが必要書類となります。
現金の相続に関しては預金残高証明書や過去5年間の通帳などの書類が必要です。
生命保険に関しては生命保険金支払通知書や生命保険証のコピー、火災保険等の保険証のコピーなども用意しなくてはなりません。

このように、相続税の申告ではいろんな必要書類があるので、書類の収集が難しいと感じたときは税理士に依頼するのがおすすめです。
被相続人から財産を相続する人の中には、これらをすべて相続する人もいます。
そうなると一人で全ての書類を集めることが難しくなってしまうので、税理士に依頼をして書類の収集から書類の作成までをお願いしたほうがいいでしょう。