相続手続きは改正に注意が必要 | 相続税対策に税理士顧問って必要?

HOME » 税理士顧問 » 相続手続きは改正に注意が必要

相続手続きは改正に注意が必要

・相続に関する法律
日本では相続に関して法律で細かなポイントが定められています。
それらの相続に関する法律を守らなければ、違法となってしまうこともあるのです。
もちろん、普通に相続が発生し、普通に手続きを済ませれば何も問題はありません。
ただ、これらの法律に関しては、定期的に改正されることがあり、その度に手続きでも変更点が出てくることがあるので注意が必要となります。
その点を加味しておかなければ、後々大きなトラブルになることもあるでしょう。
問題が発覚した時には期限なども迫っていることがありますし、対処が難しくなっていることもあるかもしれません。
相続をする際には、現行の法律がどのようになっているのかも確認しましょう。
しかし、一般の方が法律まで勉強して理解するということは難しいですよね。
そういう時には、専門知識の豊富な専門家に相談してください。

・相続に関する法律の改正
相続に関しては、細かく被相続人や法定相続人が定められており、それらの決まりを遵守して手続きを進めていくことが必要となります。
例えば、相続の際には法定相続人の調査が必要となりますが、この法定相続人というのは優先順位があり、被相続人との関係によって定められています。
相続の対象となるのが配偶者であるのはもちろん、子供たちも対象となります。
それらに関しては法律で対象が決められているのです。
ただ、例えば今後日本は高齢社会が加速し、さらに少子社会となります。
そうなった際、家庭の状況によって相続の状況も大きく変わってくるかもしれません。
そうなった時、現行の法律では対処しきれないことも出てくるでしょう。
それらの問題が発生した際、通常では法律の改正が進められます。
要は、一般の方は法律を遵守して手続きしておけば問題はないので、そこは不安になる必要もありません。

・法律の知識がない人は専門家へ依頼
相続で必要となるとは言っても、法律の知識がないという人がほとんどでしょう。
そもそも人生でも数回しか経験しないことなので、わざわざ勉強するよりは専門家に依頼して代行してもらった方が楽だと言えます。
法律をすべて網羅するのは専門家でも難しいことですし、専門家もそれぞれの分野に特化して知識を身につけています。
それほどまでに難しいものなので、できる限りは専門家に相談して対応してもらった方が楽だと言えるでしょう。
まずは身近な行政書士や司法書士、弁護士、税理士を見つけて相談してみてください。
ただ、それぞれの専門家ごとに得意なことが違うので注意してくださいね。