財産の相続には税理士が必要 | 相続税対策に税理士顧問って必要?

HOME » 税理士顧問 » 財産の相続には税理士が必要

財産の相続には税理士が必要

何かと面倒なことが多い財産の相続関係。
自分で出来るのであれば、費用をかけずに自分たちでやりたいと考える人は多いと思います。
しかし、世間一般では財産の相続は専門分野に長けている税理士に依頼したほうがいいと言われています。
その理由と税理士に依頼する必要性について見ていきましょう。

・どうして相続では税理士が必要なの?
財産の相続が行われるとき、税理士を利用したほうがいいという意見が多いのですが、どうして税理士が必要だと言われているのでしょうか。
それには相続税が関係していて、税理士に相続について依頼をすることで、相続税の納付額が下がると言われています。
税理士に依頼をすることで土地の評価額を下げてもらることで節税に繋がり、残された財産を少しでも守れるようになります。

・税理士は相続税対策を行う術をいくつも持っている!
税理士は相続税の専門家と言われていて、相続税対策を行う術をいくつも知っています。
特例が認められるケースであれば小規模宅地等の特例を利用したり、生前であれば贈与という形で相続税対策を行うことも出来るなどと教えてもらえますよ。
相続税対策である小規模宅地等の特例が利用できるのであれば、相続税の負担額を大幅に減少させられ土地や建物だけでも80%を軽減してもらえます。
この小規模宅地等の特例が利用できるか否かは、税理士が判断してくれるので財産がたくさん残されていて相続税が高くなりそうだという場合は税理士に相談をしてみましょう。

このように税理士を必要とすることで、相続における相続税の負担額を減らすことが出来ますよ。
相続税については安ければ安いほうがいいと思う人が多いので、少しでも相続税の負担を減らしたいのであれば税理士に依頼してみましょう。
税理士は特例が利用できないか、基礎控除の他にも控除で相続税が安くならないかも考えてくれるので、相続が起きてしまった場合は税理士に相談してみることをおすすめします。